道の駅「安達」智恵子の里

上下線

当駅について

道の駅とは

「道の駅」は道路交通の「ながれ」機能に対して、駐車や休憩などの「たまり」機能として、道路利用者に憩いの場を提供する施設です。
また、市町村等の地域振興施設を一体的に整備することにより、道路利用者と地域を結ぶ社会空間とすることも目指しています。
「道の駅」は、地域の創意工夫により、道路利用者と地域の個性豊かなふれあいの場を提供し、地域振興と交流の核とするものです。

詳細については、国土交通省道路局「道の駅」案内ページをご覧ください。

道の駅「安達」智恵子の里

道の駅「安達」智恵子の里は、国道4号線の福島市と郡山市の中間二本松市に位置し、「智恵子抄」でおなじみの安達太良山を駐車場から一望できる「北と南の玄関口」です。
道の駅「安達」には、「ほんとうの空」の下、ドライバーの快適な休憩施設や、道路利用者と地域との情報発信や地域連携の機能が満載されています。また、24時間開放の「おもてなしトイレ」、地元の朝採り野菜がどっさりの農産品の直売所コーナーなどがあり、上り線の道の駅には、1,000年の伝統を今に伝え手漉き創作和紙が体験して楽しめる「二本松市和紙伝承館」などがあります。
平成25年にオープンした下り線の道の駅には、焼き立てのパンがいつでも楽しめる「二本松ベーカリー」、ゆったりした時間と空間が楽しめる「カフェ二本松」があります。
広い芝生の休憩スペースもあり、道の駅「安達」のシンボルツリーである「万燈桜」は季節季節で来駅するお客様を楽しませてくれます。

賑わいのある、安心快適空間を目指し、スタッフ一同皆様を歓迎いたします。